障害のある人もない人も同じように暮らせる社会へ

私たちの活動

A Voice Of Our Own

DPI 日本会議は、障害者を取り巻くあらゆる問題に取り組んでいます。

内容は多岐に渡りますが、いずれの分野にも、障害当事者が主体的・能動的に関与することで、
障害者権利条約の完全実施や、インクルーシブな社会を目指しています。

「障害の有無によって分け隔てられない社会」

「すべての人の命と尊厳が尊重される社会」

「障害のある人もない人と同じように暮らせる社会へ」

というビジョンを実現するため、私たちは活動をさらに展開してまいります。

活動分野

1年間の活動方針はこちら

要望・声明・提言一覧はこちら

活動の新着情報

2019年10月18日 イベント雇用労働、所得保障

【ご案内、日弁連主催】11月5日(火)第2回全国一斉障害年金電話法律相談会

- 日本弁護士連合会・各弁護士会の障害年金に関する電話相談会のご案内です。 障害年金は、障がいのある人の生活を支える基本的権利です。 しかし、全国の障がいのある人約937万人のうち障害年金受給者は約211万人に過ぎず(201... 続きを読む
2019年10月15日 インクルーシブ教育

10月16日(水)10時30分~インクルーシブ教育を求める川崎裁判(横浜地裁101号法定)

- 10月16日(水)10時30分から、横浜地裁101号法定にて、光菅和希くんの地域の小学校への通学を早期に認めるよう訴えている裁判が行われます。 時間が予定より早くなり、傍聴券整理券交付開始が9時15分、その締め切りが9時... 続きを読む

▽新着情報一覧はこちら

実施中のプロジェクト

終了したプロジェクト

活動を支援する

現在位置:ホーム > 私たちの活動

ページトップへ