障害のある人もない人も同じように暮らせる社会へ

私たちの活動

A Voice Of Our Own

DPI 日本会議は、障害者を取り巻くあらゆる問題に取り組んでいます。

内容は多岐に渡りますが、いずれの分野にも、障害当事者が主体的・能動的に関与することで、
障害者権利条約の完全実施や、インクルーシブな社会を目指しています。

「障害の有無によって分け隔てられない社会」

「すべての人の命と尊厳が尊重される社会」

「障害のある人もない人と同じように暮らせる社会へ」

というビジョンを実現するため、私たちは活動をさらに展開してまいります。

活動分野

1年間の活動方針はこちら

要望・声明・提言一覧はこちら

活動の新着情報

2019年07月12日 インクルーシブ教育

7月8日(月)インクルーシブ教育を求める川崎裁判傍聴・報告集会報告。次回裁判は、9月2日(月)午後2時30分から

- 7月8日(月)午後2時30分から、横浜地裁101号法定にて、光菅和希くんの地域の小学校への通学を早期に認めるよう訴えている裁判が行われ、傍聴に約55名の方が駆けつけました。 その後、第7回裁判報告集会が行われ、こちらも会... 続きを読む
2019年07月11日 バリアフリー

【続報】横浜のホテルがイギリスの選手団にバリアフリー改修の費用を要求したという報道について

- 標記の件について、本日、7月11日に内閣官房から情報提供を受けました。 BPA(British Paralympic Association:英国パラリンピック協会)は当初、1つのホテルに選手全員を宿泊させたいと考えて、... 続きを読む

▽新着情報一覧はこちら

実施中のプロジェクト

終了したプロジェクト

活動を支援する

現在位置:ホーム > 私たちの活動

ページトップへ