障害のある人もない人も同じように暮らせる社会へ

権利擁護

すべての人が「当たり前の生活」を送れる社会を目指して

障害者差別解消法施行パレードの様子(2016年3月31日 日比谷公園にて)1障害者差別解消法施行パレードの様子(2016年3月31日 日比谷公園にて)2

「人権」とは、すべての人に与えられ、社会において平等で当たり前に生きるために保障された、かけがえのない権利です。日本では、憲法によって、「生きる権利」や「教育を受ける権利」など、侵すことのできない、永久の権利として保障されています。
しかし、このように規定されているにも関わらず、障害者には権利が保障されないことが多く、こうした権利侵害は、差別や虐待といった形ですべての障害者に起こりますが、とくに、精神障害者、知的障害者に対する差別などは根深いものがあります。
わたしたち、DPI 日本会議は、差別や偏見を「社会的障壁」としてとらえ且つ除去するため、啓発活動を行なうとともに、法制度の充実等を強く訴えてきました。他の障害者団体や権利擁護の活動を行っている機関と連携し、すべての障害者の権利を保障する活動を続けていきます。

改正障害者基本法~積み残された課題の解消へ向けて~

2011 年に施行された「改正障害者基本法」は、障害者が障害のない人と地域で生活する事、同じ場所で教育を受けることについて「可能な限り」という文言が入っていたり、権利条約に基いて障害者施策を監視する障害者政策委員会の強化などの課題が多くの課題が残っています。
改正障害者基本法には、三年ごとに見直しを行なうことが規定されており、次の法案改正に向けて、こうした積み残しの課題を無くす為に、本部会で改正案の検討、集会での報告・呼びかけ、書籍の出版など取り組みを行っています。

障害者差別解消法~差別の実態調査、国・各省庁への提言等~

世の中のほとんどの方が、障害者を差別しようと考えているわけではないにも関わらず、障害者の多くが、差別、権利侵害の経験を持っています。なにが差別に当たるのか、それを明確にし、差別のない社会を作るため、DPI 日本会議は、障害者に対する差別を禁止する法律の制定を長年求めてきました。DPI 日本会議は、2016 年施行となった障害者差別解消法の策定段階から積極的に意見を表明し、省庁がつくる対応容量・対応指針についても、ヒアリングやパブリックコメントを通じて、提言を行ってきました。また、DPI で行っている「障害者差別解消 NGO ガイドライン作成プロジェクト等」を通じ、集会、パレードの開催等を企画し、差別解消法の普及にも努めてきました。また、紛争解決の仕組が不十分であること等、2019 年の本法の見直しに向け、法律の実施状況などを継続的に検証しています。

障害者への人権侵害問題を無くすために

時に政府は、不十分、明らかに人権侵害と思えるような法律や制度を作ります。例えば、障害者虐待防止法における通報義務者に病院や学校が除外されていることや、世界中から批判を受けている精神障害者の隔離収容を継続するため、精神科病棟を住居と見なす(精神科病棟転換型居住系施設)といった制度を作る動きです。
わたしたちは、障害当事者の立場から、制度政策について提言活動を続けています。

これまでの取り組み

活動報告・活動方針

  • 2017年度活動報告、2018年度活動方針
  • 2016年度活動報告、2017年度活動方針
  • 関連書籍

    最近の活動、関連ニュース

    2018年08月15日

    第3回「ともに生きる社会」を考える 神奈川集会2018が開催されました。

    - 第3回「ともに生きる社会」を考える神奈川集会2018実行委員会主催による同集会が2018年7月28日、神奈川県社会福祉会館で開催されました。 当日は「『優生保護法に私たちはどう向き合うのか?―謝罪・補償・調査検証を!』東... 続きを読む
    2018年08月13日

    7月28日(土)「優生保護法に私たちはどう向き合うのか?―謝罪・補償・調査検証を!」東京・駒場集会が開催されました

    - 優生手術に対する謝罪を求める会/全国優生保護法被害弁護団/障害学会/DPI女性障害者ネットワーク/優生手術被害者とともに歩むみやぎの会/CILたすけっと/DPI日本会議/SOSHIREN女(わたし)のからだから共催による... 続きを読む
    2018年07月20日

    旧優生保護法訴訟東京訴訟第1回期日のお知らせ

    - 旧優生保護法下で不妊手術を強制されたとして、東京都内の男性(75)が国に3,000万円の賠償を求めている訴訟で東京訴訟の第1回期日が、8月6日(月)の14時からに決まりました。 その1時間前の13時から裁判所前で横断幕を... 続きを読む
    2018年07月09日

    優生保護法に私たちはどう向き合うのか?-謝罪・補償・調査検証を!

    - 私たちは、「優生保護法」にもとづく強制的な不妊手術の被害について、国は調査を行い、被害者に謝罪と補償を行うよう長年求めてきました。この問題は、生まれる子どもの数と質を国の都合でコントロールしようとして起きました。障害をも... 続きを読む
    2018年07月05日

    【開催報告】優生手術を考える道民集会

    - 去る6月16日(土)13時~16時に札幌市身障者福祉センターで、DPI北海道ブロック会議とDPI日本会議の主催で、127名の参加者と9社の報道機関を迎え「優生手術を考える道民集会」を開催しました。 優生手術の問題は、今年... 続きを読む

    現在位置:ホーム > 私たちの活動 > 権利擁護

    ページトップへ