障害のある人もない人も同じように暮らせる社会へ

権利擁護

2019年06月24日 権利擁護要望・声明

読書バリアフリー法成立における関係4団体声明

日本は2018年、「マラケシュ条約」を批准しました。この条約は、障害者が発行された著作物を利用する機会を促進することを目的としています。 障害者の定義には、本を持ち続けられない、またはページがめくれない身体障害者も含まれ…

続きを読む

2019年06月10日 権利擁護

【DPI後援イベント】語り合おう!
読書バリアフリーのこれから~障害のある子どもと本をつなぐ~

障害のある子どもと読書をつなぐためには、どのようなことが必要でしょうか。 さまざまな支援活動を行なっている障害当事者の方々を講師に迎え、読書体験を豊かにするためにどのようなことをされてきたのか、それぞれの視点からお話しい…

続きを読む

2019年06月06日 権利擁護

【7/10(水)傍聴ご支援のお願い】
6/5(水)第2回口頭弁論報告、日本盲導犬協会に対し提訴をしている視覚障害女性へのご支援を!

公益財団法人日本盲導犬協会に勤務していた視覚障害のある女性Xさんが、同協会での勤務において、およそ3年間に渡り会議への出席の拒否、固定された位置のデスクを与えられないなどの精神的な苦痛を受け、尊厳を傷つけられたとして東京…

続きを読む

2019年05月28日 権利擁護

【傍聴ご支援・ご協力のお願い】
6/5(水)日本盲導犬協会に対し提訴をしている視覚障害女性へのご支援を!

公益財団法人日本盲導犬協会に勤務していた視覚障害のある女性Xさんが、同協会での勤務において、およそ3年間に渡り会議への出席の拒否、固定された位置のデスクを与えられないなどの精神的な苦痛を受け、尊厳を傷つけられたとして東京…

続きを読む

2019年05月27日 権利擁護

新しい読書方法のご紹介

障害者の読書環境の整備に向けて 日本は2018年、「マラケシュ条約」を批准しました。 この条約は、障害者が発行された著作物を利用する機会を促進することを目的としています。 障害者の定義には、本を持ち続けられない、またはペ…

続きを読む

2019年05月18日 権利擁護

中学校で障害者の差別について考えるワークショップを行いました

5月10日(金)埼玉県名栗中学校から「人権について考える」というテーマで講演依頼を頂き、白井と笠柳が行ってきました。 この中学校の岩田先生が、DPI日本会議の別の講演をお聞きになり、生徒たちにも話をしてほしいという事で今…

続きを読む

2019年04月24日 権利擁護

あなたの声で社会を変えよう!!~差別&合理的配慮の体験談を大募集~

2016年に障害者差別解消法(以下、差別解消法)が施行されてから早3年となりました。 2019年は差別解消法の見直しが行われ、充実した内容にバージョンアップさせるチャンスです。 DPIでは差別解消法の見直しのため、201…

続きを読む

2019年04月24日 権利擁護要望・声明

「旧優生保護法に基づく優生手術等を受けた者に対する一時金の支給等に関する法律」 成立に際しての声明

2019年4月24日 「旧優生保護法に基づく優生手術等を受けた者に対する一時金の支給等に関する法律」 成立に際しての声明 認定NPO法人 DPI(障害者インターナショナル)日本会議 議長 平野 みどり DPI日本会議は、…

続きを読む

2019年04月05日 権利擁護

札幌学習会 強制不妊手術被害者に寄り添い、支える取り組みから「法案(「基本方針案)」をどう考えるか?

4月上旬の国会に超党派で提出予定の「法案(「基本方針案)」は、優生保護法問題への真の謝罪・補償・検証へとつながるのか?DPI北海道ブロック会議の地元団体との共催による学習会が開催されます。 違憲訴訟原告の小島喜久夫さん、…

続きを読む

2019年03月28日 権利擁護

【報告】3月5日 旧優生保護法下における強制不妊手術に関するJDFフォーラム

JDF(日本障害フォーラム、DPI日本会議も参加しています)と全国優生保護法被害弁護団(以下、弁護団)の共催、優生手術に対する謝罪を求める会(以下、求める会)の協力により開催されました。集会にはまた多くの国会議員がかけつ…

続きを読む

1 / 912345...最後 »

現在位置:ホーム > 権利擁護

ページトップへ