障害のある人もない人も同じように暮らせる社会へ

第3回「ともに生きる社会」を考える 神奈川集会2018
(7月28日開催)ご案内

2018年06月15日 イベント

障害のある19名が亡くなった津久井やまゆり園事件から二年が経過し、その地では、今、再整備に向けた施設の解体工事が進められています。
私たちは、事件半年後の2017年1月26日に第1回目となる集会を、また2017年7月26日に第2回目の集会を横浜で開催しました。障害当事者や支援者等300名以上が集まり、亡くなった方々の追悼をするとともに、障害者が安心して地域で暮らすことのできる社会を作るためのアピールを承認し、神奈川県に届けました。
事件から二年になる今年の7月には、加害者Uと面会を続け、事件の本質を見極めるための取材を続けてられている神戸金史(かんべかねぶみ)さんを講師に迎え、亡くなった方々を追悼するとともに「ともに生きる社会」を考え実現するための第3回神奈川集会を開催します。
ぜひご参加ください。

■日時:7月28日(土)12:30~16:50(受付開始12:00)
■会場:神奈川県社会福祉会館(〒221-0844 横浜市神奈川区沢渡4-2)
※最寄り駅 JR・横浜市営地下鉄「横浜駅」西口 徒歩15分
■定員:300名
■参加費:無料(事前申し込み制、下記【申し込み方法】をご参照ください)
■情報保障あり(下記詳細、ご希望の方は7月17日(火)までに申込み下さい)

【プログラム】(敬称略、予定)
12:30 開会あいさつ 実行委員長: 鈴木治郎(キルク)
12:40 追悼
12:50 実行委員会報告(神奈川集会が目指すもの)
報告者:室津滋樹(横浜市GH連絡会)
13:00 ドキュメンタリー上映「うちの子~自閉症という障害を持って~」
講演:神戸金史さん(RKB毎日放送東京報道部長)
15:00 ~休憩~
15:15 シンポジウム
・篠原由美さん(CILくにたち援助為センター)
・仲井則子さん(ケアサポート紬代表)
・神戸金史さん(RKB毎日放送東京報道部長)
・コーディネーター:今村登(DPI日本会議事務局次長)
16:45 アピール文採択
16:50 閉会あいさつ
※内容等を変更する場合がありますので、あらかじめご了承ください。

▽チラシはこちらからダウンロードできます。(ワード)

【申し込み方法】以下のフォームよりお申込みください。

参加申込用ウェブフォーム

または、メールにてお申込みください:
メール件名を「第3回神奈川集会申込」として、下記の内容について明記のうえ、info@kilc.org までお送り下さい。
①氏名(ふりがな)②所属団体(あれば)③連絡先(電話、ファックス、メール)
④車いす使用の有無 ⑤介助者の人数 ⑥情報保障の有無(手話通訳・パソコン文字通訳・点字資料・テキストデータ・ドキュメンタリー上映の音声ガイドの用意がございます)

【呼びかけ人・呼びかけ団体】
◆呼びかけ人(五十音順・敬称略)
浅野史郎(元宮城県知事)、大熊由紀子(神奈川県社会福祉審議会委員)、河東田博(浦和大学)
◆呼びかけ団体(全国団体:下線は実行委員会団体、他五十音順)
全国自立生活センター協議会DPI日本会議、全国手をつなぐ育成会連合会、日本グループホーム学会、
全国精神保健福祉会連合会(みんなねっと)、全国肢体不自由児者父母の会連合会、
ピープルファーストジャパン
◆呼びかけ団体(神奈川県団体:下線は実行委員会団体、他五十音順)
IL-NEXT生きる会、神奈川県視覚障害者福祉協会、神奈川県障害者自立生活支援センター、県央福祉会、
自立生活センター自立の魂~略して じりたま!~、ピープル・ファースト横浜、
横浜市グループホーム連絡会
(※6月15日現在・一部予定あり)

◆お問合せ先:
第3回『ともに生きる社会』を考える神奈川集会実行委員会 事務局
1.神奈川県障害者自立生活支援センター(KILC・キルク)代表:鈴木治郎
〒243-0035 神奈川県厚木市愛甲1-7-6
TEL046(247)7503 / FAX046(247)7508 / メール info@kilc.org
2.自立生活センター 自立の魂 ~略して じりたま!~ 代表:磯部浩司
TEL045(341)0869 / FAX045(341)0888

良い記事と思われた方は、シェア、いいね!など宜しくお願いします☆

現在位置:ホーム > 新着情報 > 第3回「ともに生きる社会」を考える 神奈川集会2018(7月28日開催)ご案内

ページトップへ