【ここからヘッダーメニュー】

[ヘッダーメニューを飛ばしてメインメニューへ]

[メニューを飛ばして本文へ]

特定非営利活動法人(認定NPO法人)DPI(障害者インターナショナル)日本会議

Japan National Assembly of Disabled Peoples' International

A Voice Of Our Own(我ら自身の声)

【ここからメインメニュー】

[メインメニューを飛ばして本文へ]

HOME>障害者を取り巻く問題>障害者差別禁止法

【ここから本文】

障害者を取り巻く問題

障害者差別禁止法

障害者差別禁止法の制定に向けて

もはや多くの国々に存在している障害者への差別を禁止する法律が日本にはまだありません。なぜ日本ではなかなか成立しないのでしょうか。

障害者差別禁止法が必要な理由と盛り込まれるべき内容
参考書籍
差別禁止部会

2010年11月の第25回障がい者制度改革推進会議において、差別禁止部会が設置されました。障害を理由とする差別の禁止に関す法制の制定に向けての検討を課題として、11月22日から議論が始まりました。当日の資料、議事録については内閣府ホームページにて見ることができます。
障がい者制度改革推進会議 差別禁止部会のページ(外部リンク)
障がい者制度改革推進会議 差別禁止部会 構成員名簿(PDFファイル・外部リンク)

2012年7月27日からは、障害者政策委員会のもと、差別禁止部会が再始動しました。当日の資料、議事録については、厚生労働省ホームページから、見ることができます。
障害者政策委員会 差別禁止部会についてのページ(外部リンク)
障害者政策委員会 差別禁止部会 構成委員名簿(PDFファイル・外部リンク)
「障害を理由とする差別の禁止に関する法制」についての差別禁止部会の意見(るびなし)(PDFファイル・外部リンク)
「障害を理由とする差別の禁止に関する法制」についての差別禁止部会の意見(概要)(PDFファイル・外部リンク)

障害のある人もない人も共に安心して暮らせる八王子づくり条例(PDFファイル・外部リンク)

2011年12月13日に八王子市議会にて全会派一致で成立し、2014年4月に施行されます。政令指定都市を除く市町村レベルで制定されるのは、八王子市が初めてとなります。
八王子市ホームページ(外部リンク)

熊本県「障害のある人もない人も共に生きる熊本づくり条例」(PDFファイル・外部リンク)

7月1日に熊本県議会において全会一致で成立し、2012年4月に施行されます。九州では初めとなり、全国では5例目となります。
熊本県ホームページ(外部リンク)

さいたま市「さいたま市誰もが共に暮らすための障害者の権利の擁護等に関する条例」(PDFファイル・外部リンク)

2011年3月7日に条例案が市議会本会議にて可決され、2011年4月に施行されます。政令市で初の差別禁止条例となり、全国では4番目となります。
ノーマライゼーション条例制定ウェブ(外部リンク)

岩手県「障がいのある人もない人も共に学び共に生きる県づくり条例」(PDFファイル・るびあり・外部リンク)

2010年12月に条例案が岩手県議会で可決され、2011年7月に施行されます。東北では初の差別禁止条例となり、全国では3番目となります。

「北海道障がい者及び障がい児の権利擁護並びに障がい者及び障がい児が暮らしやすい地域づくりの推進に関する条例」(北海道障がい者条例)

北海道障がい者条例が2009年3月に道議会で制定され、2010年4月より全面施行されます。

全国で2番目の差別禁止条例となり、権利擁護にとどまらず地域づくり、就労支援など「包括的」で「総合的」な内容の条例としては全国初になります。
北海道障がい者条例のホームページ(外部リンク)

韓国障害者差別禁止法 (日本語訳:ワードファイル・外部リンク)

2007年3月に韓国で障害者の差別禁止法が国会で承認されました。

日本においても障害者差別禁止法に向けてDPI日本会議をはじめ、日弁連など多様な立場から取り組まれている中、韓国の今回の法制定は日本にも多くのものを示唆しています。差別の定義、合理的配慮、挙証責任など、注目する点を挙げるだけでもたくさんあります。

千葉県「障害のある人もない人も共に暮らしやすい千葉県づくり条例」
(PDFファイル・外部リンク) / (HTMLファイル・外部リンク)

2006年10月、千葉県で障害のある人の差別を禁止した条例が制定されました。日本で、はじめての画期的な条例です。

雇用や教育、医療などにおいて具体的な例をして差別を禁止し、差別を解決する仕組みが工夫されています。

「障害をもつ人への差別を禁止し、権利を確立する法律(素案)」(通称:障害者市民案)

DPI日本会議が参加している「障害者政策研究全国実行委員会」では、障害者差別禁止法の制定を目指し、継続的な検討作業を行い、2004年には「障害者差別禁止法要綱案(第三次案)」(外部リンク)を作成し発表しました。

その後、2009年に予定されている障害者基本法の『5年後の見直し』を視野に入れ、2008年6月に「障害をもつ人の権利保障と差別を禁止する法律案」を作成し、連携が望まれる障害関係団体・関係者の意見をできるだけ広く集約し、反映させた「障害者市民案」をまとめていくために、6月中旬から7月末にかけて意見募集を行いました。

その後、寄せられた意見について、可能な限りの検討を重ね、原案の補足・修正作業を行い、2008年12月13日の第14回政策研究集会にて「障害者市民案(第5次案)」を発表、討議を行いました。

意見募集の結果
  • 期間 6月18日(水曜日)から7月31日(木曜日)
  • 11団体と21人の個人(当事者、支援者、研究者など)からの意見。
  • 意見の総数は113件(重複した意見も含む)。
  • 内訳は、「第1編 総則」(63件)、「第2編 各則」(39件)、「第3編 実施規則」(6件)、「第4編 権利救済手続」(5件)。
  • 第1編と第2編に対する意見の主な項目
    • 【第1編】
      • 定義(第2章)関係:「障害」(8件)、「障害に基づく差別の定義」(7件)、「合理的配慮」(5件)、「コミュニケーション手段」(4件)など
      • 差別の禁止(第3章):7件
      • 国及び自治体の責務(第4章):7件
    • 【第2編】
      • 地域生活(第1章):5件
      • 利用及び移動に関するアクセス(第2章):5件
      • 教育(第7章):5件
      • 医療・リハビリテーション(第8章):8件 など
  • こうして寄せられた「意見」について、可能な限りの検討を重ね、原案の補足・修正作業を行い、2008年12月13日の第14回政策研究集会にて『障害者市民案(第5次案)』を発表、討議を行いました。
  • 意見募集についてのブログ掲載ページ(2008年6月18日・外部リンク)※原案はこちらから見ることができます。

関連リンク