【ここからヘッダーメニュー】

[ヘッダーメニューを飛ばしてメインメニューへ]

[メニューを飛ばして本文へ]

特定非営利活動法人(認定NPO法人)DPI(障害者インターナショナル)日本会議

Japan National Assembly of Disabled Peoples' International

A Voice Of Our Own(我ら自身の声)

【ここからメインメニュー】

[メインメニューを飛ばして本文へ]

HOME>DPI情報>イエローリボン普及にご協力ください

【ここから本文】

DPI情報

イエローリボン普及にご協力ください

障害者権利条約の国内批准促進と、障害のある人びとの社会参加の促進をめざして

イエローリボン画像 イエローリボンは、障害のある人びとの、その人らしい自立と社会参加を目指します

日本障害フォーラム(JDF)は、2006年12月に国連で採択された障害者権利条約を日本国内に広く普及し、障害のある人びとの社会参加を推進していくために、<イエローリボン>運動を提唱いたします。

「障害のある人々は同年齢の市民と同等の権利をもっている」と国連が宣言したのは1975年のことです。30年の歳月を経た2006年、障害者権利宣言は、これを実現するための国際条約=障害者権利条約として実を結びました。

障害者権利条約は、障害のある人が人としての尊厳を尊重され、社会生活のあらゆる面で権利が保障されることを国際的に約束したものです。どんなに重い障害があっても、住みなれたまちで、心ゆたかにその人らしく暮らし、学び、働くことができる-権利条約はそうした社会をめざしています。

<イエローリボン>は、障害者権利条約の内容を広く市民のみなさんに知っていただき、日本での条約批准をめざすためのシンボルマークともなるものです。<イエローリボン>を通じて、すべての人がともに生きる社会を実現したいと考え、つぎの取り組みを提案します。

一、上記趣旨のシンボルとしてのイエローリボンバッジを普及します

一、障害者権利条約が日本で批准されるまでを第一次普及期間とします

ぜひ、皆さんもイエローリボンバッジを身につけて、イエローリボン(障害のある人びとの、その人らしい自立と社会参加をめざす)運動にご参加ください。

また、イエローリボンバッジを全国各地に広めていきましょう!

イエローリボン・バッチ ご協力方法について

ご協力金:300円/個(送料は別途申し受けます。)

但し、団体等で100個以上まとめてご協力いただける場合、金額等ご相談に応じます。

イエローリボンのご協力金は、DPIをはじめJDF構成団体等の活動に充てられます。皆様のご協力をどうぞよろしくお願いいたします。

<ご注文・お問い合わせ>