障害のある人もない人も同じように暮らせる社会へ

第3回ユニバーサルデザイン2020評価会議が開かれました

2019年11月06日 バリアフリー

去る10月28日に第3回ユニバーサルデザイン2020評価会議(以下UD2020評価会議)が開かれました。

政府は東京2020オリンピック・パラリンピックを機に、日本全体をユニバーサル化するために、ユニバーサルデザイン2020行動計画を2017年に策定しました。
それに基づき、障害者団体等を構成員としたUD2020評価会議を開催しています。

今回の議題は、UD2020行動計画の施策の改善状況について報告がありました。
概要は下記の通りです。
新しい取り組みなどが出てきており、注目すべきものにはアンダーラインを引いています。

今回特に注目すべきものは、電話リレーサービスの制度化です。
聴覚障害者等が電話を利用できるようにする仕組みですが、すでに世界25カ国で実施されており、G7では日本だけが実施していませんでした。

制度化が長年求められており、これは朗報です。

1. 共生社会ホストタウンのレガシー化

2. ホテル飲食店のバリアフリー化

宿泊施設や施設内飲食店のバリアフリー改修を補助金で支援 ⬅ 注目!
⇒ 「宿泊施設バリアフリー化促進事業」2018年度から実施。客室と共用部分(食堂含む)のバリアフリー改修に助成。1/2助成で最大500万円まで(2018年度)。2018年度は650件、2019年度は138件助成。主に旅館のバリアフリー整備が多いよう。年度ごとに件数の差が大きいのは、2018年度は小額な助成が多く、2019年度は本格的な改修で費用が高額なものが多いため。

3. 障害者割引の利用者利便向上

4. バリアフリーマップ等の整備・充実

⇒2019年10月にガイドラインを改訂し、ホームと車両の段差と隙間の目安値を設けた(段差3cm☓隙間7cm)。今後はこの数値目標を目指して改修が始まるか注目。すでに東京メトロでは、銀座線(ホーム全体)、丸ノ内線(2号車と5号車のドア付近。未整備の駅あり)がホームの嵩上げを行っている。

 

5. 心のバリアフリーの拡大・向上

6. ユニバーサルデザインタクシー改善

私からは、①TOKYO2020アクセシビリティ・ガイドラインで実現した世界基準のバリアフリー整備基準を日本のガイドラインに反映させる、②新国立競技場UD/WSで実現した初期段階からの当事者参画の仕組みをレガシーとして残していくようにモデル事業の実施を提案、③ホテルのバリアフリールームは、諸外国では3~5%義務化が一般的で、1%は低いので、運用を見て柔軟に見直しをしてほしい、④小規模店舗のバリアフリー化を進めるために、新規出店時に最低限のバリアフリー整備を義務化する、ということを発言させていただきました。

東京オリパラによりバリアフリー施策は大きく進展してきております。これからも、特に小規模店舗、学校、共同住宅等の建物関係の整備義務化を目指して働きかけを続けていきたいと思います。

佐藤 聡(事務局長)

良い記事と思われた方は、シェア、いいね!など宜しくお願いします☆

現在位置:ホーム > 新着情報 > 第3回ユニバーサルデザイン2020評価会議が開かれました

ページトップへ