障害のある人もない人も同じように暮らせる社会へ

無人駅を利用してアンケートを出そう

2016年08月10日 バリアフリー

そうだ 無人駅、行こう キャンペーン~無人駅を利用してアンケートを出そう~ ご協力のお願い
無人駅の課題を集めて国交省交渉に活かすために、
みなさまに100件(目標)のアンケートを集めるためのご協力をいただきたく思っています。
ぜひご協力をお願いします。
ーーーーー
●無人駅状況(2014(H26)年度末時点)
一部時間帯に係員を配置している駅も含めた無人駅数は、1日乗降3千人以上の駅で368駅、5千人以上駅で158駅、1 万人以上駅で43駅です。(合計569駅)無人駅は、全国で確実に増加して
います。
障害者権利条の約9条(アクセシビリティ)では、締結国は公衆に開かれ又は提供される他の施設〔設備〕及びサービスにアクセスすることを確保するための適切な措置をとること・措置には、アクセシビリティにとっての妨害物及び障壁を明らかにし及び撤廃することを含む、と書かれていますが、国交省は無人駅を大きな問題だと考えていません。障害者自身が、声を出して、改善を訴えていく必要があります。
今回「そうだ 無人駅、いこう」キャンペーンを実施します。
日頃、無人駅を利用されている人は、日常で発生している問題をアンケートに書いてください。無人駅を利用されたことが無い人は、この機会に無人駅を体験してください。
アンケートを集めて、国土交通省と交渉してきたいと思います 目標:100人

 

★本キャンペーンでの「無人駅」定義(以下の駅でも「無人駅」とします)
・時間帯無人(駅員不在の時間がある駅)での駅員不在時間利用
・部分的無人(2つの改札駅で、片側にだけ駅員が居る駅)での駅員不在改札利用

 

★ポイント
大勢で同じ無人駅を利用すると、一時的に駅員が配置されてしまう場合があります
(無人駅ではなくなる)。なので、できるだけ個別で無人駅を利用してください。

 

★アンケート期限:8月末を目処にアクセス関西ネットワーク事務局まで郵送・メールでご返信ください(下記記載)お問い合わせ先も同じです。

 

●アクセス関西ネットワーク事務局
〒543-0072大阪市天王寺区生玉前町5-33大阪府障害者社会参加促進センター内障大連気付
電話番号:06-6779-8126 ファックス番号:06-6779-8109
電子メールアドレス: nakamura500@e-mail.jp

 

▽アンケートはこちらからダウンロードください。
「20160608Mujin.docx」をダウンロード
【協力団体】は4団体で全国のみなさんにお声かけさせていただきます。
DPI日本会議 議長 平野 みどり
全国自立生活センター協議会 代表 平下 耕三
アクセス関東ネットワーク 代表 伊藤 雅文
アクセス関西ネットワーク 代表 藤原 勝也
良い記事と思われた方は、シェア、いいね!など宜しくお願いします☆

現在位置:ホーム > 新着情報 > 無人駅を利用してアンケートを出そう

ページトップへ