障害のある人もない人も同じように暮らせる社会へ

ダスキン研修生4名の研修受入れが始まりました

2017年02月20日 国際協力/海外活動

ダスキン・アジア太平洋障害者育成事業で来日中の研修生4名が、日本の障害者運動、交通アクセシビリティや障害者政策を学ぶため、DPI日本会議に来所しました。研修受入れ期間は2月20日(月)~24日(金)までの一週間です。毎日ガッツリ、勉強します。

研修生はインドのラムダス・シンハレさん(全盲)、スリランカのサンカ・ハシンタさん(弱視)、バングラディシュのラシュナ・シャミン・カメイさん(脳性まひ)、ネパールのケサブ・タパさん(脊髄損傷)です。なかなか難解な障害児教育制度について、皆さん日本語で学んでいます!研修生の日本語習得の速さには本当に頭が下がります。

研修生受け入れの様子の写真

2月23日(木)には研修員の皆さんからそれぞれの国の障害者事情の発表がある予定です。彼らから学び、互いに高められる一週間にしたいです!

良い記事と思われた方は、シェア、いいね!など宜しくお願いします☆

現在位置:ホーム > 新着情報 > ダスキン研修生4名の研修受入れが始まりました

ページトップへ