障害のある人もない人も同じように暮らせる社会へ

【報告第一弾!】Road to K-POP♪♪♪
DPIメンバーが韓国ソウルへ行ってきました!

2019年08月21日 国際協力/海外活動

8月11日(土)~14日(水)までDPI韓国から、日本、中国、韓国の障害当事者交流プログラム「Road to K-pop」(助成:Lotte Duty Free財団)へご招待頂き、韓国のソウルへ行ってきました!

▽Lotte Duty Free ホームページ(外部リンク)

このプログラムの主な目的は、次の3点でした。
① 韓国の建物などのアクセシビリティーについて、実際に行って経験し、評価をする
② 障害者権利条約、SDGs、インチョン戦略について、日中韓で様々な問題について共有をする
③ 日中韓で、障害者問題を共有し、障害者運動をどう積極的にしていくか議論をする

日本からは6名が参加してきました。
(DPI日本会議:平野(議長)、笠柳(事務局員)、岡部(事務局員)。DPI加盟団体であるSTEPえどがわ:工藤(事務局員)+遠藤(介助者)。ダスキン研修で韓国のソウルCILで研修中の大城くん)

中国からは、CDPF(中国の障害者連合)の方など12名が参加し、内ハイレベルの方は、Chi Junchangさん(CDPFの国際情勢部門の部長)、Chen Hongguangさん(シャンドン障害者連盟の管理部門の副所長)の2名でした。

「Road to K-pop」の名前の通り、初日にはコンサートへ行く事ができたり、シティーツアーと題したアクセシビリティーという名のもと韓国市内探索できたり、遊びの要素がたくさん含まれていて、大変楽しく、有意義な時間となりました。

また日本、中国、韓国で障害者問題への取り組み、各国の状況を共有し、今後へ向けたつながりを作ることができたことは大きな成果でした。

準備に尽力してくれたDPI韓国のキムソヨンさん、DPI韓国の皆様、助成頂いたLotte Duty Free財団の皆様へ心から御礼申し上げます。

今回は報告第1弾として、このプログラムについて全体像をご報告します。
全4回の予定です!

1日目 歓迎式、K-popコンサート参加(工藤、遠藤、岡部、笠柳)、ハイレベルミーティング(平野)

インチョン空港へ到着!

「インチョン空港へようこそ」と花々を使って英語で表記されている

歓迎式では、美味しい料理と共に、たくさんおもてなしを頂きました

歓迎会 日本メンバー 歓迎会 中国韓国のみなさん

ロッテ免税店ファミリーコンサート2019にご招待頂いて、行ってきました。大変な盛り上がりでした!
K-popが詳しく一番のファンの平野議長は、このコンサートの裏で日中韓のハイレベル会議でした。。平野本人が一番残念がっていました。次は一緒に行きましょう!

ハイレベル枠でどのような話をしたのかは、また第2弾で平野から報告します。

会場前で 会場内 会場内

2日目 シティーツアー、アクセシブルチェック
(大韓民国歴史博物館、ソウルタワー)

あいにくの雨で、急きょ室内中心のプログラムへ変更!とても楽しめました。
もちろん遊びだけではなくて、アクセシブルチェックもちゃんとしましたよ~!

○大韓民国歴史博物館

屋上から景色を見ている 説明を受ける日本メンバー 当時の車

○ソウルタワー

ソウルタワー ソウルタワーの中、きらびやか 記念撮影

ハートの錠の坂道 ハートの錠をかける工藤

とにかくご飯がおいしい、食が進む・・・石焼ビビンバとキムチチゲ

石焼ビビンバ キムチチゲ

3日目 カンファレンス(各国の状況報告・意見交換)、シティーツアー

午前中のカンファレンスでは、まず韓国DPIから、韓国の障害者の法制度について、アクセシビリティーに関する取り組みを中心に報告されました。韓国のアクセシビリティーに関する報告はまた後日報告します。
韓国DPI 韓国DPI

次にDPI議長の平野から、①障害者権利条約の完全実施に向けた取り組みとして、日本のJDF(日本障害フォーラム)によるパラレルレポート作成、②SDGs、インチョン戦略に関する取り組み、③前回の参議院選で木村さん、船後さんという2名の重度の障害当事者が当選したことなどを報告しました。

カンファレンスで報告を行う平野議長

その後、日本のメンバーから、昨日までのシティーツアーでアクセシビリティーに関して、気づいた事、改善する必要があることを意見提起しました。

カンファレンスで発言する工藤さん  

中国からは、中国国内の取り組みについて、CDPF(China Disabled Persons’ Federation)の方から、報告頂きました。CDPFは、国の一機関のような形(?)で活動をしているようで、障害者の権利を守り、社会生活、社会資源などから利益を保障することなどを目的に活動をされているようです。

法制度については、中国の憲法に基づいて、50以上の法律があり、障害者の権利を守っているそうです。その他、CDPFが提供している障害者へのリハビリテーションサービスや、教育のサービス、職業支援の話がありました。

また地方での障害者の貧困も重要な問題で、そうした貧困を軽減するための取り組みを行っていた話や、社会保障・生活保護のようなサービスを利用している障害者も多くいるとのことでした。

中国からの報告

中国の弱視の当事者女性が、二胡を演奏してくれました。音色が本当にきれいで素敵でした。

中国の弱視の当事者女性が、二胡を演奏している様子

シティーツアーでロッテタワーに行きました。とにかく高い・・・

ロッテタワー 下をのぞく平野

夜は交流会!ソウルCILのパクチャノさん、パートナーの真理さんも通訳で来て下さいました。

送別会  挨拶をする笠柳
パクチャノおっぱーと記念写真

4日目 障害者の為の国立図書館訪問、帰国

障害者の為に建てられた国立図書館を訪問しました!視覚、聴覚、車いすを利用する障害当事者にとって、読書、パソコンが利用しやすいように様々な機器が置かれていました。この報告はまた後日。

外観 机の高さを変えるボタン

自動でページめくりをしてくれる機械 収録部屋の平野と岡部

人類の進化

今回ボランティアで学生や働いている方など、たくさんの方が同行してくれました。
日本が大好きで、日本語を勉強していて、私たちの車いすを押してくれたり、韓国の文化を教えてくれたり、色々な話ができました!

みなさんのおかげで本当に楽しかったー!

ボランティアの皆さん ボランティアの皆さん ボランティアの皆さん

最後に空港で記念撮影!

空港で記念撮影

改めて準備に尽力してくれたDPI韓国のキムソヨンさん、DPI韓国の皆様、助成頂いたLotte Duty Free財団の皆様へ心から御礼申し上げます。

次は第2弾、ハイレベル枠で参加をした議長の平野から報告です。

お楽しみにー!

(事務局員 笠柳 大輔)

良い記事と思われた方は、シェア、いいね!など宜しくお願いします☆

現在位置:ホーム > 新着情報 > 【報告第一弾!】Road to K-POP♪♪♪DPIメンバーが韓国ソウルへ行ってきました!

ページトップへ