障害のある人もない人も同じように暮らせる社会へ

【JDF主催】旧優生保護法に関わる支援の到達点と課題 ~当事者の声と関係団体の取り組み~

2019年10月21日 権利擁護

超党派議員連盟による取り組みを経て、去る4月24日、「旧優生保護法に基づく優生手術等を受けた者に対する一時金の支給等に関する法律」が成立しました。全国8か所で進められている訴訟については、去る5月28日に、仙台地裁において、最初の判決が出されたところです。

現在、法に基づく一時金支給の手続きが進められる一方、各地での訴訟、ならびに関係団体による取り組みも引き続き進められ、被害を受けた人たちにどのように支援を続けていくのかが問われています。

これまでの到達点を改めて確認しながら、今後の取り組みに求められるものは何か、当事者の声を中心に話し合います。

■日時:2019年10月23日(水)12:00~14:30
■場所:参議院議員会館 講堂(〒100-0014 東京都千代田区永田町2-1-1)
※参加費無料 手話通訳、要約筆記、点字資料あり

◆プログラム
12:00 主催者・来賓挨拶
12:20 基調報告 藤井克徳(日本障害フォーラム副代表)
12:40 経過報告 新里宏二(弁護士/全国優生保護法被害弁護団共同代表)
13:00 各地の当事者の声(5地域(予定)の原告、家族、支援者など)
13:40 関係団体の取り組み(全日本ろうあ連盟、日本障害者協議会、DPI日本会議ほか)
14:10 質疑応答
14:30 閉会

◆参加申込方法
1.ウェブフォームからお申し込みいただけます。

こちらからお申込ください

2.必要事項を明記のうえ、メールで下記JDF事務局までお申し込みください。
(1)お名前(ふりがな)
(2)ご所属
(3)配慮の必要なこと
(手話通訳、要約筆記、点字資料、ヒアリングループ、車いすスペース、その他)
メール返信先:JDF事務局 jdf_info@dinf.ne.jp

▽チラシ兼申込用紙はこちらからダウンロードできます(ワード)

▽JDFの当該ホームページはこちら(外部リンク)

良い記事と思われた方は、シェア、いいね!など宜しくお願いします☆

現在位置:ホーム > 新着情報 > 【JDF主催】旧優生保護法に関わる支援の到達点と課題 ~当事者の声と関係団体の取り組み~

ページトップへ