障害のある人もない人も同じように暮らせる社会へ

【大阪】優生保護法2月6日裁判傍聴のご案内
「おおさか旧優生保護法を問うネットワーク」をつくろう!

2019年02月01日 権利擁護

DPI日本会議加盟団体の「自立生活センター・あるる」からの呼びかけをご案内します。

大阪では、昨年9月に、知的障害を理由に不妊手術を強いられた女性が提訴されました。2月6日(水)には、第2回目の口頭弁論が開かれます。ぜひ傍聴に来てください。その後の報告集会への参加もよろしくお願いいたします。

また、この裁判を支援し優生思想についてともに考えるための「おおさか旧優生保護法を問うネットワーク」をつくるための呼びかけも下記ご案内します。ぜひご参加下さい。


●強制不妊手術 第2回口頭弁論期日
■2019年2月6日(水)大阪地方裁判所202号(大法廷)

9:35~9:45に別館正面玄関前に並んだ人対象に抽選。
※車いす利用者は本館2階202法廷北側廊下にお集まりください。
第2回口頭弁論は10:30~1時間程度

●報告集会
■2019年2月6日(水)11:30頃~13:00頃を予定
会場は大阪弁護士会館510号室(大阪地方裁判所の東隣のビル5階)

※2/6口頭弁論傍聴希望の車いす、情報保障の必要な方は、2/6参加集約窓口である障大連の西尾(にしお)までご連絡ください。
メール:npo-oil@mbd.nifty.com
電話:06-6779-8126
ファックス:06-6779-8109


以下、転送歓迎

●大阪で旧優生保護法を問うネットワークをつくっていきませんか?

この間、全国で強制不妊手術に対する裁判が行われ、大阪でも原告の方が裁判へと声をあげておられます。
今後、裁判の傍聴をはじめ、国の法律制定の動きの中で被害者への案内や相談支援体制など地域でも考えていくべきことが多くあります。
これからの大阪においても、団体や個人間の連携や協力など必要かと感じていますが、わたしたちはこの課題における運動に関わった経験がほとんどありません。
そのため、まずはネットワークづくりから始めていく必要があると私たちは考えました。メーリングリストで裁判情報や情報共有など行いたいと思っています。ご賛同いただけましたら連絡先をお教えください。まずは、この課題に興味/関心を持つ人たちで、メーリングリストでつながっていきましょう。

よびかけのチラシ

■賛同いただける方の申込先/当面の窓口
自立生活夢宙センター(担当:内村)
メール:osaka.tounet@gmail.com
電話:06-6683-1053
ファックス:06-4702-4738
住所:〒559-0024 大阪市住之江区新北島1-2-1 オスカードリーム2F

★メーリングリスト登録希望の方は上記メール宛まで以下4項目をお知らせください。

良い記事と思われた方は、シェア、いいね!など宜しくお願いします☆

現在位置:ホーム > 新着情報 > 【大阪】優生保護法2月6日裁判傍聴のご案内「おおさか旧優生保護法を問うネットワーク」をつくろう!

ページトップへ