障害のある人もない人も同じように暮らせる社会へ

日本の障害者文化芸術を世界へ!

2017年08月14日 お知らせ

文化庁、障害者の文化芸術国際交流事業実行委員会、フランス国立現代芸術センター“リュ-・ユニック”、ナント国際会議センター“シテ・デ・コングレ”の主催によるジャパン・ナントプロジェクトのご案内です。政府各省庁やオリパラ組織委員会などの後援により、フランスのナントにおいて日本の障害者文化芸術の公演や展示会などを行います。

今年の10月19日(木)から10月25日(水)、フランス国立現代芸術センター“リュ-・ユニック”とナント国際会議センター“シテ・デ・コングレ” などで①アール・ブリュット展(2017年10月21日(土)~2018年1月14日(日))②障害者による舞台芸術の発表 ③国際研究フォーラム ④バリアフリー映画⑤日仏合同ワークショップを行います。
障害者の文化芸術国際交流事業実行委員会にはDPI日本会議も参加しており、ジャパンナントプロヘジェクトを盛り上げるため、9月17日には名古屋国際センターにおいて、「もうろうを生きる」という映画のバリアフリー映画上映会を開催します。このたび実行委員会のホームページが立ち上がりました。ツアーの企画もあります。ぜひのぞいてみてください!

いつも大変お世話になっております。
障害者の文化芸術国際交流事業実行委員会、事務局の社会福祉法人グローの西川です。さて、2017 ジャパン ×ナント プロジェクトのホームページを開設いたしましたのでご案内させていただきます。

▽2017 ジャパン ×ナント プロジェクトホームページ

各団体のホームページにリンクをはっていただくことや、フェイスブックでご紹介をいただくなど、本ホームページの紹介を通して、「2017ジャパン×ナントプロジェクト」の周知にご協力をいただけますと幸甚です。また、先月末に開催されました「アール・ブリュットin 山梨」を皮切りに国内周知プロジェクトが始動しています。2017 ジャパン ×ナント プロジェクトの国内周知を通して、10月のナントでの本番に向けて機運を高めていくことができればと思いますので、お忙しい中恐れ入りますが、積極的な情報発信にご協力くださいますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。
尚、今後情報を更新した際、都度みなさまにご連絡をさせていただきますのでよろしくお願いいたします。
良い記事と思われた方は、シェア、いいね!など宜しくお願いします☆

現在位置:ホーム > 新着情報 > 日本の障害者文化芸術を世界へ!

ページトップへ