障害のある人もない人も同じように暮らせる社会へ

御礼:第33回DPI全国集会in京都

2017年06月08日 お知らせ

実行委員長の矢吹さんを中心に、全国集会が行われていることをイメージした写真
6月3日(土)、4日(日)第33回DPI全国集会を京都府京都市において開催いたしました。
今年は「誰も取り残さないインクルーシブな社会へ」をテーマに、多様性こそが尊重されるインクルーシブ社会の実現を目指し、開催しました。2日間で全国から約450名の方にご参加頂きました、ありがとうございました!

また今集会の開催にあたって、準備段階からご尽力頂いた地元実行委員の皆様、ご支援頂いた皆様に改めて心から御礼申し上げます。

第33回DPI全国集会in京都 当日の様子、プログラム(敬称略)
▶▶1日目:6月3日(土)(13:30~20:00)
・認定NPO法人DPI日本会議2017年度総会 13:30~16:00
矢吹さん挨拶登壇者の様子会場は満員でした登壇者

・特別報告「京都府障害者権利条例の検証と私達の期待するもの」16:15~17:00
南孝徳(京都府健康福祉部障害者支援課)
矢吹文敏(日本自立生活センター代表、DPI日本会議全国集会in京都実行委員長)

南さん登壇の様子

・懇親会 18:00~20:00

超満員の懇親会舞妓さんと記念写真懇親会で太鼓を振る舞ってくれました舞妓さんと記念写真、良い顔してます

今年もAJU自立の家から懇親会に美味しいワインを提供して頂きました!
懇親会用に作ってくれた特注ワイン

▽AJU自立の家では、ワインのぶどうの樹オーナーを募集しています!是非ご検討下さい!

ぶどうの樹のオーナー大募集!!!

▶▶2日目:6月4日(日)(10:00~16:30)
▶午前の部 全体会「誰も取り残さないインクルーシブな社会へ」(10:00~12:30)
<第一部>特別報告「誰も取り残さないインクルーシブな社会へ~持続可能な開発目標(SDGs)~」
○報告者 紺屋 健一(国際協力機構(JICA)企画部SDGs 推進班参事役)

紺屋さん登壇の様子

<第二部>いまこそ、障害者基本法改正を!
報告「障害者基本法改正のDPI試案について」
○報告者 尾上 浩二(DPI日本会議副議長、内閣府障害者施策アドバイザー)

シンポジウム「障害者基本法の改正に向けて」
○シンポジスト:久保 厚子(全国手をつなぐ育成会会長)、加納 恵子(関西大学社会学部教授)、
竹下 義樹(日本盲人会連合会長)、本條 義和(全国精神保健福祉会連合会理事長)
○コーディネート 佐藤 聡(DPI日本会議事務局長)
○コメンテーター 尾上 浩二(DPI日本会議副議長、内閣府障害者施策アドバイザー)

1日目以上に超満員の会場全体会登壇者登壇者の竹下さん

●昼食休憩 12:30~13:30

▶午後の部 分科会(13:30~16:30)
分科会1.地域生活「誰も取り残さない地域生活―地域の実践から見えてくるもの―」

地域生活分科会の会場地域生活分科会の登壇者

分科会2.教育「地域でインクルーシブ教育を実体化するために」

会場内の様子1会場内の様子2

分科会3.障害女性「私は私 一人ひとりが自分らしくあるために」

登壇者会場内の様子

特別分科会1.相模原事件が問いかける優生思想

登壇者超満員の会場

特別分科会2.情報保障、コミュニケーション「地域でつながり、自分らしく生きるために」

会場内登壇者

▶おまけ

前日準備の様子。平日にも関わらず大勢の方に集まって頂き、資料詰めなど事前準備や当日スケジュールの最終確認などを行いました。

資料詰め1 資料詰め2

全国集会終了後のスタッフ会議、お疲れ様でした!拍手~!!

スタッフ会議1 スタッフ会議2

 

良い記事と思われた方は、シェア、いいね!など宜しくお願いします☆

現在位置:ホーム > 新着情報 > 御礼:第33回DPI全国集会in京都

ページトップへ