障害のある人もない人も同じように暮らせる社会へ

6月26日(月)精神保健福祉法改悪案の廃案を諦めない!集会

2017年06月21日 地域生活イベント権利擁護

2014年(日比谷野音)、2015年(東京芸術劇場)、2016年(文京シビックセンター)に続く4回目の「6.26集会」です。

我が国の精神医療の何が問題なのか?どこをどう正せばいいのか?

国の「これからの精神保健医療福祉のあり方に関する検討会」では、精神科病院に1年以上入院する人の6割が「重度かつ慢性」としました。

厚生労働省は、「重度かつ慢性」を「地域で生活することが非常に困難な状態にあり、長期に入院治療が必要な患者」と定義しています。
これは、少なくとも11万ものベッドが精神科病院に必要ということを意味します。しかし、その「重度かつ慢性」基準の策定は病院を経営する人たちも入って「研究」され出された結果です。

そうです。精神科の病床を必要とするのは病院なのです。10年で2倍以上にも増えてしまった身体拘束。精神病院は、未だに、人を苦しめ、閉じ込める場所になってしまっています。精神医療は誰のためにあるのか?

それはそこを利用する人たちのものであり、病院を経営する人たちのものではないはずです。このような誤った精神医療を正していかねばなりません。これでいいのか精神医療!!さあ、一緒に考えましょう!

■日時:6月26日(月)13:00~15:30(受付12:30より)
■会場:参議院議員会館・講堂(東京都千代田区永田町2-1-1)
■プログラム
●基調講演
1「“重度かつ慢性”問題から見える精神医療の“利権構造”」
長谷川利夫(杏林大学教授、考える会呼びかけ人代表)
2「増加し続ける強制入院~隔離・身体拘束の背景」
有我譲慶(大阪精神医療人権センター)
3「精神医療の危機~その背景と新たな道」
氏家憲章(社会福祉法人うるおいの里)

●報告
1.関口明彦(全国「精神病」者集団)
2.山本眞理(WNUSP世界精神医療ユーザーサバイバーネットワーク理事)
3.加藤真規子(こらーるたいとう)
※後半は、フロアからお話していただき意見交換の場にします。

●進行
竹沢幸一(八王子精神障害者ピアサポートセンター)

☆当日参加可能(当日は、参議院議員会館1Fロビーにおいて、12:30より13:00まで、通行証をお渡しします)

◇主催:病棟転換型居住系施設について考える会
◇連絡先:長谷川利夫(杏林大学教授)
メール hasegawat@ks.kyorin-u.ac.jp  携帯電話 090-4616-5521

▽チラシ

PDFワード

良い記事と思われた方は、シェア、いいね!など宜しくお願いします☆

現在位置:ホーム > 新着情報 > 6月26日(月)精神保健福祉法改悪案の廃案を諦めない!集会

ページトップへ