障害のある人もない人も同じように暮らせる社会へ

1/23(水)第3回裁判 支援の傍聴をお願いします
~「地元の小学校へ入学したい」本人・保護者の意向は尊重されなかった~

2019年01月15日 イベントインクルーシブ教育

重度の障害を理由に、地元小学校への通学が認められず、地元小学校への就学を求め、神奈川県と川崎市を提訴している裁判の第3回目です。

▽「一日も早く地域の小学校に通学を」 障害児の母が意見陳述(外部リンク:カナロコ)
(2018年10月31日、第2回目の口頭弁論の報告が掲載されています

お一人でも多くの方の支援の傍聴をお願いいたします。


これまで2回の裁判では、全国各地から多くの方が傍聴に来てくださり、この裁判の問題の大きさ、関心の強さを裁判所に訴えることができました。

原告は、第2準備書面を提出し、合理的配慮が検討すらされていないことや市教委の裁量権の逸脱を主張しています。

和希君の1年生が終わってしまいます。1日も早い解決が求められています。
これまでも大切な日々でしたが、より一層緊張度が増してきていると思います。

これまでの裁判では各地から多くの方々が駆け付けてくださり、傍聴席から皆様からの思いを念として強く送ってくださりありがとうございます。

傍聴に行けないけれど思いは一緒ですというメッセージも毎回頂いております。
こちらもありがとうございます。

国の皆さんのご支援・ご協力をお願いいたします。

第3回目の裁判が下記の日程で行われます。前回のように傍聴席を埋めていきましょう。
横浜地裁にお集まりください。

裁判終了後に報告集会を予定しています。ご参加ください。

和希君を支える会事務局
南舘 こずえ

第3回期日、報告集会
~本人・保護者の意向は尊重されなかった!~

■日時:1月23日(水)11時~

■会場:横浜地裁101号法廷(神奈川県横浜市中区日本大通9)

(みなとみらい線日本大通り駅から徒歩1分,JR京浜東北線関内駅・横浜市営地下鉄線関内駅から徒歩約10分))

入廷の際、車いす利用者とその他とを分けて抽選することになります。
10時30分締め切りですので、時間までにご集合ください。

■内容

1.第3回期日

原告による第二準備書面提出
裁判終了後、進行協議(裁判官と当事者双方が今後の進行について話し合い)等

2.報告集会

終了後、裁判所隣、神奈川県弁護士会館5階Aにて

■問い合わせ先

アリエ法律事務所気付 大谷恭子
〒101-0041 千代田区神田須田町1-6 弓矢四国ビル4F
TEL 03-6869-3230 FAX 03-6869-3231
e-mail kazukikun.sasaeru@gmail.com

良い記事と思われた方は、シェア、いいね!など宜しくお願いします☆

現在位置:ホーム > 新着情報 > 1/23(水)第3回裁判 支援の傍聴をお願いします~「地元の小学校へ入学したい」本人・保護者の意向は尊重されなかった~

ページトップへ