障害のある人もない人も同じように暮らせる社会へ

【JDF主催】障害者権利条約 JDFパラレルレポート完成報告会
~2019年障害者権利委員会事前質問事項に向けて~

2019年05月22日 イベント障害者権利条約の完全実施

トップ画像

DPI日本会議から、尾上浩二、佐藤聡、崔栄繁が登壇をします。お一人でも多くの方のご参加をお待ちしております。

国連・障害者権利委員会では、2016年に日本政府が提出した「第一回国家報告」を受けて、障害者権利条約の実施状況についての日本の建設的対話(審査)を2020年秋に実施する見込みです。2019年9月下旬には権利委員会で事前質問事項が検討されます。

日本障害フォーラム(JDF)は、市民社会から国連に提出することができる「パラレルレポート」を、幅広い関係者と協議しながら作成し、国連でのよりよい審査と勧告に役立て、国内での条約実施と施策の向上につなげるため、パラレルレポートの作成に取り組んできました。本年5月に事前質問事項向けのJDFパラレルレポートが完成しましたので、下記の通り報告会を開催します。

多くの方にご参加いただき、今秋の権利委員会での事前質問事項の検討に向けて関心を高めていきたいと思います。

日時:2019年6月4日(火)13:30~15:35(受付12:45~)

場所:衆議院第一議員会館1階多目的ホール(東京都千代田区永田町2-1-1)

会場マップ

参加費:無料 (点字資料、手話通訳、要約筆記、ヒアリングループあり)

お申込締切り:6月3日(月)

プログラム

13:30 開会挨拶

13:40 JDFパラレルレポート作成の取り組み
佐藤 聡(JDF障害者権利条約パラレルレポート特別委員会事務局長)

13:55 第21会期障害者権利委員会傍聴報告
原田 潔(日本障害者リハビリテーション協会)

14:10 主な内容
・1-4条 目的・定義・一般原則・一般的義務:佐藤 久夫(日本障害者協議会)
・5条  平等及び被差別:田中 伸明(日本盲人会連合)
・27条  労働及び雇用:赤松 英知(日本障害者協議会)
・12条  法律の前にひとしく認められる権利:桐原 尚之(全国「精神病」者集団)

14:35 休憩
14:40 主な内容つづき
・19条 自立した生活及び地域社会への包容:崔 栄繁(DPI日本会議)
・24条 教育:(調整中)
・33条 国内における実施及び監視:尾上 浩二(DPI日本会議)

質疑

15:30 閉会あいさつ

お申込み方法

1.こちらのフォームからお申込みください。<WEBフォーム

2.メールまたはFAXでのお申込み方法は、下記のチラシをご利用いただくか、下記必要事項を送付ください。

申込必要事項:お名前、ご所属、ご連絡先(住所、電話番号、FAX)、介助者の有無、配慮事項(手話通訳・要約筆記・磁気ループ・点字資料・車いすスペース・その他) <メールはこちらへ>

▼チラシはこちらからダウンロードできます(ワード)

主催、お問合せ:日本障害フォーラム(JDF)

電話03-5292-7628
FAX03-5292-7630
E-MAIL:jdf_info@dinf.ne.jp

良い記事と思われた方は、シェア、いいね!など宜しくお願いします☆

現在位置:ホーム > 新着情報 > 【JDF主催】障害者権利条約 JDFパラレルレポート完成報告会~2019年障害者権利委員会事前質問事項に向けて~

ページトップへ