障害のある人もない人も同じように暮らせる社会へ

3月5日(火)旧優生保護法下における強制不妊手術に関するJDFフォーラム(主催:JDF)

2019年02月18日 イベント権利擁護

旧優生保護法(1948~1996年)のもとで、障害のある人などが強制的に不妊手術等をされていたことが明らかになっています。

現在、19人の被害者が国を訴える裁判を起こすとともに、国ではこの問題に関する立法の作業を進めています。
この事実を学ぶともとに、全国の動きや各団体の活動などを共有し、考えるフォーラムを行います。

■日時:3月5日(火)12:00~14:30(受付11:30~)

■場所:参議院議員会館 講堂(東京都千代田区永田町2-1-1)

最寄り駅:
国会議事堂前駅(東京メトロ丸ノ内線、千代田線)
永田町駅(東京メトロ有楽町線、半蔵門線、南北線)

■参加費:無料

■プログラム

・開会挨拶

阿部 一彦 日本障害フォーラム(JDF)代表

・来賓挨拶

優生保護法下における強制不妊手術について考える議員連盟の法案作成のためのプロジェクトチームほか(予定)

・基調報告

藤井 克徳 JDF副代表

・旧優生保護法による強制不妊手術に関する全国の動き

新里 宏二 弁護士/全国優生保護法被害弁護団共同代表
優生手術被害者・家族の会などより

・各団体の取り組み・提言

・まとめとアピール

 

■申込み・問い合わせ:JDF事務局

申込書にご記入のうえ、下記事務局にお申込みください。
参加多数の場合は事前申込みのあった方の入場を優先いたします。

チラシ、申込書:3月5日 旧優生保護法JDFフォーラム(ワード)

FAX 03-5292-7630
電話 03-5292-7628、メール: jdf_info@dinf.ne.jp

◆主催

日本障害フォーラム(JDF)、全国優生保護法被害弁護団

◆協力

優生手術に対する謝罪を求める会

良い記事と思われた方は、シェア、いいね!など宜しくお願いします☆

現在位置:ホーム > 新着情報 > 3月5日(火)旧優生保護法下における強制不妊手術に関するJDFフォーラム(主催:JDF)

ページトップへ