障害のある人もない人も同じように暮らせる社会へ

基本法改正フォーラムin熊本
「今、障害者基本法改正を~障害者権利条約審査を前に」報告

2018年10月24日 イベント障害者権利条約の完全実施

10月20日(土)、熊本障害フォーラムの主催で障害者基本法改正に向けたフォーラムが開催されました。「今、障害者基本法改正を~障害者権利条約審査を前に」という演題でDPI日本会議副議長の尾上浩二氏が講演しました。
2週連続で来ていた台風によって延期されたイベントが重なったことも影響しましたが、熊本障害フォーラム加盟団体への呼びかけ段階から基本法改正への関心は薄く、参加者は約40名と少なかったです。
講演は、どうして障害者基本法の改正が重要なのかという、おそらく多くの参加者が気になっていることの説明から始まりました。参加者が障害者基本法の重要性を理解した後に、理解しづらい障害者基本法をとても分かりやすく解説した上で、何が問題であるかをDPI日本会議が作成しているテキストに沿って詳しく話しました。
休憩の後に質疑応答が行われ、35分時間を取っていたのですが、参加者数に対して質問をしたかったという人が多く、時間が足りませんでした。最初は「どうして基本法の改正なんだろう?」と思っていた参加者が尾上さんの講演終了後には「もっと基本法のことを詳しく聞きたい」という意識に変わっていったことは参加者に基本法改正の重要性が伝わったということではないかと思います。
参加者に感想を尋ねると、「とても分かりやすく、基本法の改正がなぜ必要なのか分かった。」「現在の基本法の何が問題なのかをとても分かりやすく説明されていたので、すごく勉強になった。あれだけの参加者しかいなかったことがとても勿体ない。」「基本法はまだまだみんなの意識が低いので、今日の話を聞いた自分たちから県内の団体に広げて、2回目の開催も考えたい。」等前向きな感想を数多くいただきました。改善点として、「尾上さんともっと直接意見を交わせる時間が欲しかった。」という感想もいただきました。
次の基本法改正フォーラムは11月10日(土)に北海道で行われるそうなので、ご都合が合われる方は是非足を運ばれてください。

(ヒューマンネットワーク熊本 事務局次長/熊本障害フォーラム 事務局 植田 洋平)


▽基本法改正北海道フォーラムのチラシはこちら
(PDF) (ワード)

良い記事と思われた方は、シェア、いいね!など宜しくお願いします☆

現在位置:ホーム > 新着情報 > 基本法改正フォーラムin熊本 「今、障害者基本法改正を~障害者権利条約審査を前に」報告

ページトップへ