障害のある人もない人も同じように暮らせる社会へ

これからの障害者運動のためのファンドレイジング入門
~「お金あつめ」から、社会を変える「仲間あつめ」までをめざして~

2019年03月12日 イベント

ファンドレイジングスクール
曽田夏記さん(自立生活センターSTEPえどがわ)が、今年度、三澤了基金を活用しファンドレイジング・スクールで学んだこと、障害者運動のファンドレイジングについて報告会を行います。
みなさま、奮ってご参加ください!

▽ファンドレイジング・スクール(外部リンク:日本ファンドレイジング協会ホームページ)

▽三澤了基金 次世代障害者リーダー育成のために


~三澤了基金 次世代障害者リーダー育成のために 助成事業報告会~

みなさんは、「ファンドレイジング」という言葉を聞いたことがありますか?

狭い意味では、寄付や会費によって「資金をあつめる」ことをさします。

資金をあつめるためには、わたしたちの運動に共感してもらい、応援してもらう仕組みづくりが必要です。

これからの障害者運動に「ファンドレイジング」はどう使えるのでしょうか。

昨年通った「ファンドレイジング・スクール」でまなんだことを、みなさんと共有できたらとおもいます。

■日時:4月12日(金)13:30~15:30
■場所:東京都障害者福祉会館A1-2会議室(都営地下鉄浅草・三田線 三田駅 徒歩1分)
(JR山手線・京浜東北線 田町駅 徒歩5分)


■報告者:曽田 夏記(自立生活センターSTEPえどがわ 当事者スタッフ)
■参加費:無料
■情報保障:あり(手話通訳・要約筆記)

▽チラシはこちら PDFワード版

【内容】
①ファンドレイジングってなに?

②障害者運動とファンドレイジング

③質問タイム

お申し込みはこちらから

問い合わせ:特定非営利法人 自立生活センターSTEPえどがわ (担当:曽田・工藤)
TEL 03-3676-7422 Email: main@step-edogawa

良い記事と思われた方は、シェア、いいね!など宜しくお願いします☆

現在位置:ホーム > 新着情報 > これからの障害者運動のためのファンドレイジング入門~「お金あつめ」から、社会を変える「仲間あつめ」までをめざして~

ページトップへ