障害のある人もない人も同じように暮らせる社会へ

「ともに生きる社会」を考える 7.26神奈川集会

2017年07月10日 イベント

障害のある19名が亡くなった津久井やまゆり園事件から半年後の、平成29年1月26日に、『津久井やまゆり園事件を考える』1.26神奈川集会を横浜で開催し、障害者や支援者等300名以上が集まり、亡くなった方々の追悼をするとともに、障害者が安心して地域で暮らすことのできる社会を作るためのアピール文を神奈川県に届けました。そして、事件から1年を迎える平成29年7月26日に、改めて亡くなった方々を追悼し、「ともに生きる社会」を考え、実現するための神奈川集会を開催いたします。


■日時:平成29年7月26日(水)13:00~16:30(受付開始 12:00~)
■会場:男女共同参画センター横浜(フォーラム)
(〒244-0816 横浜市戸塚区上倉田町435-1)
最寄り駅:JR・横浜市営地下鉄「戸塚駅」西口 徒歩5分)
■参加費:無料 ☆★☆事前申し込み制です☆★☆
■申込方法:こちらからチラシ・申込書(ワード)をダウンロードして、
下記の申し込み先までお申し込みください。


【プログラム】(予定)
☆司会:小野和佳(自立の魂)・永田孝(さくらの家)
12:00 受付開始
13:00 開会あいさつ(実行委員長)
13:10 追悼
13:20 基調講演:岡部耕典さん(早大教授・親)
14:10 特別報告:佐瀬睦夫さん(県央福祉会)
14:25     :室津滋樹さん(横浜市GH連絡会)
14:35  ~休憩~追悼歌「19の軌跡」:見形信子さん
14:50 アメリカからの連帯メッセージ
14:55 シンポジウム
・岩切玄太さん(自立の魂)
・奈良崎真弓さん(本人会にじいろでGO!)
・尾山篤史さん(生活再建者の集い)
・清水誠一さん(全肢連)
コメンテーター:岡部さん・佐瀬さん
コーディネーター:石川修さん(藤沢育成会)
16:20 アピール文採択
16:30 閉会あいさつ


◆呼びかけ人(五十音順・敬称略)
浅野史郎、大熊由紀子、河東田博

◆呼びかけ団体(全国団体:五十音順)
全国肢体不自由児者父母の会連合会
全国自立生活センター協議会
全国「精神病」者集団
全国精神保健福祉会連合会
全国手をつなぐ育成会連合会
DPI日本会議
日本グループホーム学会
ピープルファーストジャパン

◆呼びかけ団体(神奈川県団体:五十音順)
IL-NEXT
神奈川県視覚障害者福祉協会
神奈川県障害者自立生活支援センター
神奈川県聴覚障害者協会
神奈川県聴覚障害者連盟
神奈川県手をつなぐ育成会
県央福祉会
自立生活センター自立の魂~略して じりたま!~
ピープル・ファースト横浜
横浜市グループホーム連絡会

(7月20日現在)


◆お申し込み・問合せ先:
『ともに生きる社会』を考える7.26神奈川集会実行委員会 事務局
神奈川県障害者自立生活支援センター(KILC・キルク)
〒243-0035 神奈川県厚木市愛甲1-7-6
電話 046(247)7503 / ファックス 046(247)7508
電子メール info@kilc.org   ホームページ

◆問合せ先: 自立生活センター 自立の魂 ~略して じりたま!~
電話 045(341)0869 ホームページ

良い記事と思われた方は、シェア、いいね!など宜しくお願いします☆

現在位置:ホーム > 新着情報 > 「ともに生きる社会」を考える 7.26神奈川集会

ページトップへ