障害のある人もない人も同じように暮らせる社会へ

欠格条項をなくす

2018年10月29日 要望・声明雇用労働、所得保障欠格条項をなくす

地方三団体 障害者雇用資格要件見直しと職場環境整備に関する要望

先日、財務省の障害者雇用の欠格条項は削除されましたが、多くの地方公共団体では同じような規定が残っています。 DPI日本会議では、障害者雇用の資格要件について全国知事会、全国市長会、全国町村会に要望書を提出しました。以下に…

続きを読む

2018年10月26日 要望・声明雇用労働、所得保障欠格条項をなくす

10月22日(月)にDPIが財務省に提出した抗議・要望を受け 「自力通勤・介護なし勤務可能な者」に限るとした欠格条項が削除されました

10月22日(月)にDPIが財務省に提出した抗議・要望を受けて、「自力通勤・介護なし勤務可能な者」に限るとした欠格条項は削除されることになりました。 ▽東京新聞記事はこちら DPIの抗議・要望書はこちらをご覧下さい。 同…

続きを読む

2018年10月22日 要望・声明雇用労働、所得保障欠格条項をなくす

中央各省庁における障害者雇用の応募資格に対する抗議と要望

中央省庁による障害者雇用数の水増し問題で、政府は4,000人の障害者を雇用して法定雇用率を達成するという方針を打ち出しました。しかし、財務省の障害者採用の告知ページには、応募資格として「③自力により通勤ができ、かつ、介護…

続きを読む

2018年05月23日 要望・声明欠格条項をなくす

成年後見制度に係る欠格条項見直し法案について
国会審議並びに今後の取り組みを求める声明

成年後見制度に係る欠格条項見直し法案について 国会審議並びに今後の取り組みを求める声明 2018年5月23日 特定非営利活動法人DPI日本会議 障害者欠格条項をなくす会 今次第196回国会に提出されている「成年被後見人等…

続きを読む

2017年05月25日 欠格条項をなくす

公務員法の欠格条項と成年後見制度を考える集い
~障害のある人も、公務員として 働くことができる社会に~ 報告

 2017年5月24日(水)、参議院会館講堂で、「公務員法の欠格条項と成年後見制度を考える集い~障害のある人も、公務員として 働くことができる社会に~」が開催されました。全国から130名ほどの参加者が集いました。  成年…

続きを読む

2017年04月20日 イベント欠格条項をなくす

公務員法の欠格条項と成年後見制度を考える集い~障害のある人も、公務員として 働くことができる社会に~

国家公務員法や地方公務員法には、被後見人や被保佐人は公務員として働く資格がないという欠格条項があります。吹田市では、知的障害のある職員が成年後見制度を利用した結果職を失い、裁判になっています。 一方、この欠格条項を撤廃す…

続きを読む

現在位置:ホーム > 欠格条項をなくす

ページトップへ