障害のある人もない人も同じように暮らせる社会へ

2017年 6月

2017年06月23日 国際協力/海外活動

【JICAアフリカ障害者研修 研修員インタビュー②】
チュレ ヤコブ ムウィヌラさん(タンザニア)

タンザニアから研修に参加している「チュレ ヤコブ ムウィヌラ(CHULE Jacob Mwinula)」さんからタンザニアの障害者事情や日本の印象についてお話を伺いました。チュレさんは弁護士であり、現在タンザニア首相官邸…

続きを読む

2017年06月23日 イベント障害女性

障がい者の人権を考えるシンポジウムみやぎ
「今こそ優生手術からの人権回復を目指して」
~優生手術被害者は訴える~

今年3月28日に参議院議員会館で院内集会(主催:優生手術に対する謝罪を求める会)を開催しましたが、せっかく日弁連の意見書が出たにもかかわらず、いまだに国からの謝罪も救済措置もありません。 優生手術の被害者である飯塚淳子さ…

続きを読む

2017年06月21日 国際協力/海外活動

【JICAアフリカ障害者研修 研修員インタビュー①】
「ムンサカ・サンダース」さん紹介とジンバブエのアルビノ事情について

今年の「アフリカ地域 障害者のエンパワメントを通じた自立生活促進」研修には、8名の研修員(視覚障害1名、アルビノ2名、下肢障害3名、聴覚障害1名、障害なし1名)とレソト人の手話通訳者1名が参加しています。 今回、研修員の…

続きを読む

2017年06月21日 地域生活イベント権利擁護

6月26日(月)精神保健福祉法改悪案の廃案を諦めない!集会

2014年(日比谷野音)、2015年(東京芸術劇場)、2016年(文京シビックセンター)に続く4回目の「6.26集会」です。 我が国の精神医療の何が問題なのか?どこをどう正せばいいのか? 国の「これからの精神保健医療福祉…

続きを読む

2017年06月21日 地域生活お知らせ権利擁護

カルテの全開示を求める裁判、一部勝訴の判決!ご支援ありがとうございました

長い間ご支援をいただきありがとうございました。 緊急措置入院時の診療記録(カルテ)の一部が黒く塗りつぶされているのはおかしいとして、全ての開示を求めた裁判の判決が出されました。 非開示になっていた2点のうち『指定医が診察…

続きを読む

2017年06月16日 イベント

シンポジウム 「アクセシビリティ法は社会をいかにして・
どのように変えてきたか ─諸外国の事例を中心に」

米国が「障害を持つアメリカ人法」とそれに続く一連のアクセシビリティ法制で先行し、欧州が制定に動く「アクセシビリティ法」はいかなる手法を社会に導入し、社会をどのように変えてきたのでしょうか。 本シンポジウムでは、アクセシビ…

続きを読む

2017年06月16日 国際協力/海外活動

【JICAアフリカ障害者研修 大学生からのレポート①】
小関玲奈さん(東京大学 文科Ⅲ類2年 )

今年の「アフリカ地域 障害者のエンパワメントを通じた自立生活促進」研修では、5名の大学生の聴講生が来てくれています。 聴講生の皆さんから、研修のレポートをしていただきました。 トップバッターは、東京大学 文科Ⅲ類2年 小…

続きを読む

2017年06月15日 国際協力/海外活動

「アフリカ地域 障害者のエンパワメントを通じた
自立生活促進」研修が始まりました!

独立行政法人国際協力機構(JICA)よりDPI日本会議が受託している「アフリカ地域 障害者のエンパワメントを通じた自立生活促進」研修が6月8日から始まりました。アフリカ6ヶ国(レソト、モザンビーク、ナミビア、セネガル、タ…

続きを読む

2017年06月09日 お知らせ

2016年度活動報告・2017年度活動方針を掲載しました

DPI日本会議の昨年度の活動報告、今年度の活動方針をアップしました。 ■全体の活動報告、活動方針はこちら ▽2016年度活動報告(PDF) ▽2017年度活動方針(PDF) 各分野ごとの活動報告、方針をご覧になりたい方は…

続きを読む

2017年06月08日 お知らせ

御礼:第33回DPI全国集会in京都

6月3日(土)、4日(日)第33回DPI全国集会を京都府京都市において開催いたしました。 今年は「誰も取り残さないインクルーシブな社会へ」をテーマに、多様性こそが尊重されるインクルーシブ社会の実現を目指し、開催しました。…

続きを読む

2 / 212

現在位置:ホーム > 新着情報 > 2017年 6月

ページトップへ