【ここからヘッダーメニュー】

[ヘッダーメニューを飛ばしてメインメニューへ]

[メニューを飛ばして本文へ]

特定非営利活動法人(認定NPO法人)DPI(障害者インターナショナル)日本会議

Japan National Assembly of Disabled Peoples' International

A Voice Of Our Own(我ら自身の声)

【ここからメインメニュー】

[メインメニューを飛ばして本文へ]

HOME>障害者権利擁護センター

【ここから本文】

障害者権利擁護センター

障害をもつすべての人の権利侵害に関する相談を受け付けています

DPI障害者権利擁護センターは、DPI日本会議が個人の権利侵害に対応できるようにと1995年に創設した権利擁護機関です。当センターでは、障害をもつ相談員が自分の体験を活かして、障害当事者の視点から相談に応じています。(主に東京都内対象)

どんな相談を受け付けてくれるのですか?

障害があることで、人としての権利を侵されたと感じたことすべてです。

  • できる仕事はたくさんあるのに、会社が協力してくれない
  • 学力はあるのに入りたい学校に入れない
  • お店で入店拒否された
  • バスで、電車で、タクシーで乗車拒否にあった
  • 地域でひとり暮らしをしたいが、反対され、協力してもらえない
  • 年金を自分のために使うことが出来ない

など、生活のあらゆる場面で、権利侵害や差別を受けることがたくさんあります。役所や地域の相談機関では対応してくれないこともたくさんあります。

※インターネットの差別的書き込みに関するご相談について

当センターは個々の障害者がこうむる、具体的な権利侵害に関するご相談を受ける機関です。インターネット上の書き込みによる差別的表現には対応できません。プロバイダ事業者へ削除を要請する、インターネットに関連した相談機関への相談などをご検討ください。

参考:インターネットに関連した相談機関

ひとりで悩まず、相談してください

障害者に対する差別は多くの場合、差別した側には悪いことをしたという自覚がありません。周囲も「しかたがない」と簡単に差別を認めてしまい、時には差別を訴える障害者を「わがまま」扱いすることもあります。

「障害をもっているから」ということで、否定・拒否された時に自己主張することが本当に「わがまま」でしょうか?

ひとりでは解決できないことでも、第三者が入って話し合いを行うことで、お互いに気づくことや気持ちを落ち着かせることもできます。

障害を持つ人の人権に関わることであれば、障害当事者本人や家族だけでなく、どなたでも相談できます。小さな疑問でも遠慮なくご相談ください。相談はすべて無料です。

相談の受付時間

ご相談の内容により、詳しい経過をおききしたり、相手方とのやりとりの内容などをお尋ねすることがございます。初めてのご相談の際は、情報を時系列でお知らせいただけると助かります。また、場合によってはお待たせすることがございますのでご了承ください。

相談は無料ですが、電話代は負担していただきます。

  • 電話番号:03-5282-3138(相談専用)
    ※事務でご用事の方はご遠慮ください。
    • 初めてのご相談:平日 月曜日14時から17時、水曜日17時から21時
  • ファックス番号:03-5282-0017
  • 電子メールアドレス:kenriyogo@dpi-japan.org
    ※携帯電話からメールでご相談される場合、迷惑メール受信拒否設定をされていると、こちらからのメールが届かない可能性がありますので、ドメイン「@dpi-japan.org」からのメールは受取りできるように、あらかじめ設定をお願いします。
  • 郵便番号:101-0054
  • 住所:東京都千代田区神田錦町3-11-8 武蔵野ビル5階 DPI障害者権利擁護センター 相談担当宛
  • 訪問(来所による面接):要予約(上記までご連絡ください)
  • 事務でのご用の方の電話番号:03-5282-3137

2015年度の相談者の内訳円グラフ(精神障害が42.4%、肢体障害が28.5%、知的障害が8.2%など)と主訴の内訳円グラフ(住宅・財産管理が30.5%、差別・虐待が22.4%、福祉サービス制度関連が15.7%など)

その他の内容
  • 家族・近隣関係や医療機関とのトラブル、インターネット上の差別的表現の告発など
  • 2015年度相談件数 2,393件

DPI障害者権利擁護センター発行の書籍

相談事例集 定価200円 (2009年3月発行)
当事者相談員ならではの視点から、問題点と課題を浮き彫りにした1冊。実際に起こした相談員のアクションやその後の経過などがつぶさに掲載されています。悩みをわかちあうことが、解決への第一歩であることを示してくれる1冊です。ぜひご一読ください。
DPIブックレット1 権利をまもるって何? 改訂版 定価1,000円 (2001年7月発行)
センターによせられた相談事例をもとに、各事例の問題点・課題を整理した研修用テキストです。学校や職場でぜひ活用してください。

お求めは事務局まで

DPI障害者権利擁護センターの運営にご協力ください!

当センターは、できるだけ多くの障害を持つ人に、気軽に相談をしてもらえるよう、センターへの相談はすべて無料で行っています。

しかし、運営資金の調達の困難は当センターも例外ではありません。できるだけ多くの皆様にご支援いただき、運営にご協力いただけるよう、ご協力をお願いします。

詳しくは、こちら