障害のある人もない人も同じように暮らせる社会へ

DPI 障害者権利擁護センターの運営にご支援を!

DPI 障害者権利擁護センターは、できるだけ多くの障害当事者に、気軽に相談をしてもらえるよう、センターへの相談はすべて無料で行なっています。運営資金の調達の困難は当センターも例外ではありません。できるだけ多くの方々からのDPI障害者権利擁護センターの運営へのご支援、ご協力をお願いいたします。

【郵便振替】

インターネットから

障害をもつ人の権利をまもるために!

DPI障害者権利擁護センターは、DPI日本会議が個人の権利侵害に対応できるようにと1995年に創設した権利擁護機関です。
当センターでは障害をもつ相談員が、自分の体験と専門的知識を活かして、当事者の視点から相談に応じています。(2007年度の相談件数:延べ1,072件)

当センターでは、気軽に利用してもらえるよう、相談の対応はすべて無料で行っています。しかし、全国から寄せられる相談に対応するためのスタッフ人件費や訪問の際の交通費等、運営資金の調達は常に大きな課題です。
「障害者だからしかたがない」とあきらめたり、ひとりで悩むのではなく、すべての人が自信と安心感をもって生活できるよう、運営にご協力ください。

(DPI障害者権利擁護センター支援)
ジャパンネット銀行振込、クレジットカード、郵便振替・銀行振込から選べます。

<寄付金の税金控除について>

DPI 日本会議は、東京都から 2014 年 3 月 20 日より認定 NPO 法人に認定されており、募金・寄付は控除の対象となります。詳しくはこちら。

現在位置:ホーム > 権利擁護センター > DPI 障害者権利擁護センターの運営にご支援を!

ページトップへ