【ここからヘッダーメニュー】

[ヘッダーメニューを飛ばしてメインメニューへ]

[メニューを飛ばして本文へ]

特定非営利活動法人(認定NPO法人)DPI(障害者インターナショナル)日本会議

Japan National Assembly of Disabled Peoples' International

A Voice Of Our Own(我ら自身の声)

【ここからメインメニュー】

[メインメニューを飛ばして本文へ]

HOME>活動内容>2007年度活動方針>組織体制整備

【ここから本文】

活動内容

組織体制整備

会員の増大に向けて

2007年度も引き続き、正会員、賛助会員及び購読会員の獲得に務める。また、加盟団体の少ない地域における新規会員の確保に努力する。

権利擁護センターの組み入れ、事務局のパワーアップに向けて

2007年度よりDPI障害者権利擁護センターを組み入れたことを受け、職員の新規雇用や雇用体制の見直し等を行う。また、DPI日本会議の役割、並びに求められる業務内容の複雑・多岐化に対応すべく、事務局員のパワーアップのための研修等を引き続き行っていく。

財政及び予算執行について

2007年2月、寄付者が税制優遇を受けることのできる「認定NPO法人」の認可を得ることができた。この制度を有効活用するため、個人・団体・企業へのDPI日本会議の活動への理解と周知を得て、寄付や支援を積極的に獲得するよう努め、厳しい財政状況から、安定的な財源確保のため引き続き取り組んでいく。

また、定款第5条(1)の6に基づく「基金」の運用及びDPI日本会議会員の会費減免に関する対応規定の整備を進める。